お知らせ|栃木県小山市の内科

栃木県小山市の内科 ちばクリニック

0285436801

【電話受付】8:30~12:00 / 15:00~18:00
※水曜午後、土曜午後、日祝休診

お知らせ

見落としていませんか?”二次健診の重要性”

2018.08.17

厚生労働省の平成29年度の統計調査で、定期健康診断を受診した人のうち、所見があった人の割合は栃木県で56.79%となり、統計を取り始めて以来、過去最高を記録しました。

実に2人に1人を超える人が該当しています。

特に下記に続く二次健診は病気の早期発見に繋がることも多く、受診の有無が命をも左右することがあります。

また、がん検診はその名の通り、がんに関する検診ですが、早期発見・早期治療すれば、治るがんも増えています。

がん検診もしっかり受けて、要精査などのときは、必ず精密検査を受けましょう。

当クリニックでおこなう二次健診・検診について

血液検査、尿検査で異常を指摘された場合は、血液検査、尿検査を再検、または必要に応じて、検査項目を追加し検査、更に必要に応じて、腹部超音波検査を行います。


 


がん検診で要精査の場合


・胃がん検診の場合 胃カメラ


・大腸がん検診の場合 大腸内視鏡検査


・乳がん検診の場合 マンモグラフィー、乳腺超音波検査の一方、あるいは両方


二次健診は当クリニックまで

定期的な健康診断はほとんどの人が受診しています。


しかし、受診の有無が命をも左右する可能性がある二次健診はなぜか見落とされがちです。


身体に何かしらの不調が見受けられるからこそ、二次健診はいっそう重要性を増すのです。だからこそ、受診が必ずと言っていいほど必要となります。


しかし、「二次健診って仕組みがわからない。」「受診しなければならないけれど、誰に相談すればいいのか分からない。」というお悩みを持つ方も多いかと思います。


ご安心ください。


当院が、そんな患者さまの不安や疑問点を解決します。当クリニックのモットーは「優しさ」です。お悩みを持つ患者さまのお話をよく聞き、健康状態を把握したうえで、一人一人に合わせた対応を当クリニックの医師・スタッフがおこなってまいります。


子供の予防接種の重要性 -母子手帳で管理しましょう-

2018.08.16

生まれたばかりのお子さんの予防接種には、市町村が主体となって費用を負担してくれる定期接種と、自己負担の任意接種があります。

定期と任意に分かれてはいますが、どちらも病気の感染を予防するためにとても重要なものです。

いくつかの例を紹介してみます。

 

 

●定期接種で受けることができる代表的な病気

○水ぼうそう


水ぼうそうは体のあちこちに発疹ができる病気で、春から初夏、秋に流行していきます。


空気感染もするため、集団生活で流行が始まるととても移りやすい病気です。


予防接種を2回受けている方はかかるリスクがだいぶ下がり、仮にかかっても軽い症状ですみます。


免疫を長く維持するためには2回の接種が必要です。


これまで1度しか予防接種を受けていない方は、何歳でももう1度接種するようにしましょう。


 


○日本脳炎


日本脳炎は日本脳炎ウイルスを持っている蚊にさされると感染します。


感染してもほとんどの場合は問題になりませんが、まれに脳炎を発症して命の危険にさらされることもある病気です。


最近は環境が改善してかなり発症例が少なくなってきましたが、それでも全国のブタを検査すると日本脳炎抗体を持っているので人に移るリスクがなくなったわけではありません。


栃木県はブタの飼育数が多い地域ですから、定期接種が順調に進んでいる方は日本脳炎についても早めに接種することをおすすめします。


 


○B型肝炎ワクチン


B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染することで起きる肝炎で、まれに急性肝炎を発症して命の危険にさらされることがある上、持続感染した方の10~20%くらいの方が成人するころに慢性肝炎を発症してしまいます。


3歳未満の方が感染すると、持続感染になりやすい傾向があります。


B型肝炎ワクチンの接種は3回。


1ヶ月あけて2回接種した後、4~5ヶ月開けてから3回目を接種します。


生後2ヶ月になったら受けることをおすすめします。


●予防接種の管理は母子手帳で行います

水ぼうそうやB型肝炎のワクチンは最近まで定期接種に含まれていませんでしたが、日本小児科学会が毎年厚生労働省にお願いして、任意から定期になったものです。


その他、おたふくかぜやロタウイルスについてもお願いを続けていますが、まだ実現していません。


 


定期接種だから受ける、任意だから受けなくてもいいというものではなく、任意接種のワクチンは本当なら受けたほうがいいけれど、公費負担してもらえないというものです。


個人の予防、集団感染の予防のために受けることをおすすめします。


 


これまでどんな予防接種を受けてきたかは母子手帳で管理されています。


受け漏れを防ぐために、なくさないように大切に保管して、病院にかかるときには必ず持参するようにしてください。


発熱や寒気は風邪の前兆かも?悪化する前にできる対策とは?

2018.08.15

「あれ?これってもしかして風邪かも・・・。」と思ったことはありませんか?

体の倦怠感や熱、頭がボーッとしてしまうなど、人によって風邪の自覚症状はさまざまです。

けれど、違和感に気づいたあとに自分がどんな行動をとるかで、発症後の症状の改善は変わってきます。

特に今回は、風邪の前兆である発熱が出た場合の対策をお教えします。

 

 

■風邪の前兆とは?


風邪の前兆は色々と考えられますが、主に、

・喉の痛み

・寒気(体の震え)

・発熱(体温の上昇)

などです。

このうち体温の上昇に関して、汗をかかない、手足が冷えるといったケースがあります。これは本来熱を発散させるために発汗作用は起きますが、風邪の際は体温が上がっても汗をかきにくくする作用があるからです。

また、手足が冷える原因は、皮膚の血管が収縮し、体内の体温が低下することを防いでいるためです。

 

 

■熱はどうして出るのか?


そもそも風邪を引くと、どうして熱はでるのでしょう?

最も考えられる要因は、ウイルスが体内に侵入することによるものです。

ウイルスの侵入があると体内では、身体の免疫反応で「サイトカイン」と呼ばれるタンパク質が分泌されます。

サイトカインとは、感染が発生しましたよ、というサインを伝達する物質とされています。ウイルスは高温状態では増えることができません。

なので、脳は全身に発熱の命令を出して、ウイルスが増えないための対策をとります。これによって、発熱、悪寒や震えといった症状が現れるのです。

 

 

■風邪を引いたとき、絶対にしてはいけないこと


「風邪を引いてしまった。」

「早く治さなきゃ。」

風邪は症状が現れたあとが肝心です。

良かれと思ってしたことが、症状を悪化させてしまうこともしばしば。

ここでは、風邪の初期症状において、してはいけないことをご紹介します。

 

・体温を下げる(体を冷やす)

勘違いされがちなのですが、風邪の初期症状において、熱が出たから熱さまシートや冷たい飲み物を飲んで、むやみに体を冷やそうとしてはいけません。体温が上昇するのは、体内に侵入したウイルスを撃退するためです。つまり、体温を下げるということは、ウイルスが活発に活動できる環境を作り上げてしまうことになります。

 

・スマートフォンやテレビなどを使用しない

風邪で暇だからといって、スマートフォンやテレビを使用することは避けることをおすすめします。

画面から発せられるブルーライトが交感神経を刺激し、脳を含めた、体の活動が活発になってしまい、体を休息させることができないからです。

 

・解熱鎮痛剤・抗生物質を服用する

風邪はウイルスで感染によるものです。

ウイルスを撃退し風邪を治すためには、熱は必要です。

解熱鎮痛剤は使わないほうがいいでしょう。

また、ウイルスには、抗生物質は効きません。

抗生物質にも副作用がありますし、耐性菌が出現することがありますので、風邪の時には抗生物質の服用は必要ありません。

 

 

■自分でもできる。風邪を悪化させない方法


風邪を引いてしまったことを後悔しても仕方ありません。

これ以上、症状を悪化させないことや回復させることのほうが重要です。

ここでは、自分自身ですぐに実践可能な風邪の対処法をご紹介します。

 

・体の3つの首を冷やさない。

「3つの首」?と、疑問をもたれた方もいるかと思います。

体における3つの首とは、「首、手首、足首」のこと。

なぜ、この3つの部位を冷やしてはならないのでしょうか?

それは体の中でも特に太い動脈が通っており、皮膚が薄く、温度の影響を非常に受けやすいからです。

血行が悪くなると体温が下がりやすくなり、血行が良くなると体温が上がりやすくなります。

そのため、特に首、手首、足首は冷やさないことが肝心です。首なら、ネックウォーマー。手首なら、長袖のシャツの着用。足首なら、靴下を履くことや、「足湯」も効果的です。

ただし、暑いときには無理に布団をたくさん掛けたり、厚着をしたりすると熱がこもりやすく、さらに発熱のリスクがあります。

ただ体温を上げすぎても、体への負担は大きくなるため、温度に合わせ薄着にしたり、こまめに着替えたりすることが必要です。

 

・こまめな水分補給

水分補給は非常に大切です。

風邪を発症すると、嘔吐、下痢や発熱による発汗などで脱水症状に陥ることもあります。

脱水状態は体の免疫能力の低下を招き、結果として症状が悪化してしまう恐れがあります。

ポカリスエットや常温の水、ゆず茶もオススメです。

風邪の際は、内蔵を冷やさないよう、「常温や温かい状態で飲むこと」が効果的な水分補給に繋がります。

 

・十分な栄養の摂取

食欲がない場合を除いて、風邪の初期段階では、十分な栄養を摂取し、休養することが必要になります。

風邪に効果的な栄養素を含む食材、料理をご紹介します。

「豚肉」・・豚肉に含まれるタンパク質やアミノ酸が効果的です。

「果物」・・みかんやきんかんなど、ビタミンCを含むものを食べましょう。

「緑黄色野菜」・・ビタミンAが、鼻や喉の粘膜を保護し、鼻をスッキリさせてくれます。

「カレーライス」・・意外かもしれませんが、野菜や肉を効率よく食べられるカレーは風邪のときに効果的です。スパイスの力で、体の保温効果も期待できます。

 

※ただし、その時の体の状態にもよります。

食欲がないときは、ゼリー系の栄養補助食品など、臨機応変に対応すべきだと考えられます。

まとめ

いかがでしたか?


どれだけ普段、体調に気を遣っていたとしても、風邪を発症するリスクは誰にでもあります。


だからこそ、発症したことよりも、発症後にどんな行動を取るかに目を向けましょう。


風邪の前段階で正しい知識を持って、行動すれば症状がより素早く改善したり、軽くなったりします。


もし、「どうすれば良いのかわからない。」ということでお悩みであれば、当クリニックまでご相談ください。


当クリニックの医師・スタッフが患者さんの症状に合わせ、適切なアドバイス、処置を施してまいります。


pagetop

pagetop