経鼻内視鏡検査|栃木県小山市の内科

栃木県小山市の内科 ちばクリニック

0285436801

【電話受付】8:30~12:00 / 15:00~18:00
※水曜午後、土曜午後、日祝休診

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは

鼻から極細径の内視鏡を入れて行う胃カメラ検査です。
オエッとならず、楽に検査が受けれると好評です。

経鼻内視鏡検査とは

経鼻内視鏡検査とは

胃カメラの最中に「オエッ」となることがありますが、これは舌の付け根の舌根という部分に内視鏡が触れることでおこる咽頭反射が原因です。経鼻内視鏡では、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入っていきます。スコープ が舌根に触れることがないので咽頭反射はほとんどありません。そのため吐き気をほとんど感じることなく検査を受けられます。

経鼻内視鏡検査とは

経鼻内視鏡検査の特徴

1

検査前に鼻腔の麻酔を行いますので、鼻の痛みはほとんどありません。

2

内視鏡が舌根部を圧迫しないので、喉を通過する時の「オェ」となる反射が非常に少なく、楽に検査が受けられます。

3

検査中に会話ができますので、モニターを見ながら質問ができるなど、安全で納得のいく検査が可能です。

4

モニターで、胃の中の様子をご確認いただきながら検査を受けられます。

pagetop

pagetop